子育て

<妊婦向け>結婚式に参加する時の注意点

こんにちは悩ママです!

私は妊娠5カ月のときに友達の結婚式に参加してきました!

体調に問題がなければ、妊娠中でも結婚式に参加するのは問題ないのですが、いくつか気を付けたいポイントがあるので、今回ご紹介します^^

妊娠中の方で、結婚式に参加するか迷っている方・これから結婚式に参加する予定があるかたのお役にたてれば幸いです☆

出欠の段階で妊娠していることを伝えよう

安定期になってない等の理由で、妊娠していることを隠しておきたい方もいると思いますが、新郎・新婦には妊娠していることを必ず伝えましょう

急に体調が悪くなり結婚式に参加できなくなることもあるので、その可能性を事前に知らせてあげるほうが自分も安心ですよね^^

また、妊娠中はアルコールはもちろんのこと、生ものなどにも気を付ける必要があります。妊娠中の体に取り入れたくないものに関しては、遠慮なく返信ハガキに記載しましょう。

ちなみに私は妊娠中であることを返信ハガキで伝え、生ものがない料理に変更していただきました。

お肉もステーキからしっかり火の入った煮込み料理になっていたり、席にはブランケットとクッションを用意していただくなど、心温まる素敵な対応をしていただきました!

料理は結婚式のお楽しみのひとつなので、不安なく楽しみたいですよね!

参加できなくなったら早めに伝えよう

妊娠中は急に体調が悪くなることもあります。

お腹の中の大切な赤ちゃんのためにも、決して無理をしてはいけません。

その際、欠席できなくなったら早めに新郎新婦に連絡しましょう

私自身も数年前結婚式を行いましたが、料理・引き出物の手配や座席配置などは締切が厳格に設けられています。

少しでも早く連絡してあげるのが、招待してくれた新郎新婦にとってもありがたいはずです。

そういったことを考えても、ちゃんと事前に妊娠していることを伝えておけば、説明がスムーズですよね!

当日の服装で気を付けること

妊娠前であれば、ヒールのある靴を履いて、ピタッとしたドレスを着て・・・といった感じですが、妊娠中はそういうわけにはいきません。

服装で気を付けたいポイントは以下の通りです。

ヒールのある靴を避ける
転倒して赤ちゃんに何かあったらいけないので、「ぺったんこ」のパンプスがおすすめ

ゆったりしたドレスにする
タイトなドレスを着たい気持ちはわかりますが、最優先すべきは着心地の良さ

ストッキングはマタニティ用のものを
盲点なのがストッキング。きつくて苦しくなるおそれがあるので、マタニティ用のものを準備しておきましょう

私が参加した結婚式は冬だったのでストッキングは寒いと思い、マタニティ用のベージュのタイツを履いていきました!ただ、マタニティ用のベージュのタイツってなかなか売ってないんですよね・・・ちなみに私は楽天で購入しました^^

若干濃いベージュだったのですが、80デニールもあり暖かくてよかったです!^^

まとめ

結婚式は人生の中でも非常に大きなライフイベントであり、大切な家族・友人の式には絶対参加したい!という方も多いはず。

ただし、妊娠中の結婚式に参加する際は、招待してくれた新郎新婦のためにも、注意すべき点が多いのも事実です。

今回ご紹介した注意点をふまえて、ぜひ楽しんで結婚式に参加してきてくださいね☆

この記事がマタニティの皆様のお役にたてれば幸いです^^

ABOUT ME
悩ママ(なやまま)
悩ママ(なやまま)
金融機関での勤務を経て、初めての育児に奮闘中の30代専業主婦。夫と娘と3人暮らし。子育て・暮らし・節約をテーマに情報発信中!【資格】FP、簿記、医療事務など